近距離無線式接点信号入力式フラッシュブザー警報システムへの質問記事一覧

無線式フラッシュブザーを壁付けではなく卓上にされている場合、内部のアンテナが横向きになりますので受信感度が落ちる場合があります。ネジで壁付けにされる事をおすすめします。近距離無線式接点信号入力式フラッシュブザー警報システム無線送信機に接点信号(無電圧a接点信号)が入力されると微弱電波を使って自動的に無線連絡、10〜15m離れた100デシベル点滅ブザーが作動します。

電池式の無線送信機は電池を抜いて引き出しなどに保管してください。 コンセント式の送信機はコンセントから抜いて同じく引き出しなどに保管してください。近距離無線式接点信号入力式フラッシュブザー警報システム無線送信機に接点信号(無電圧a接点信号)が入力されると微弱電波を使って自動的に無線連絡、10〜15m離れた100デシベル点滅ブザーが作動します。

送信機1台→受信機複数台を、一斉にオンオフ操作する、は可能です。近距離無線式接点信号入力式フラッシュブザー警報システム無線送信機に接点信号(無電圧a接点信号)が入力されると微弱電波を使って自動的に無線連絡、10〜15m離れた100デシベル点滅ブザーが作動します。

混信はほぼありません。ただし、無線送信機、無線式フラッシュブザー(受信機)から1〜2mほどの近い位置に強い電波を出す機械ががありますと、 全体の電波の受信感度が低くなる現象が出る場合があります。近距離無線式接点信号入力式フラッシュブザー警報システム無線送信機に接点信号(無電圧a接点信号)が入力されると微弱電波を使って自動的に無線連絡、10〜15m離れた100デシベル点滅ブザーが作動します。

無電圧接点信号無線送信機を2階の試験室に設置し、無線式フラッシュブザー受信機を1階のフロアーに設置して警報を知らせたいと思いますが、試してみたところ、電波が届かず警報が鳴りませんでした。(以下 ご質問への回答)中継機を途中に配置しますと解決するかもしれません。無線中継機は電源を入れるだけで作動する機器です。近くに吹き抜けの空間や階段室はございませんでしょうか?1階と2階の空間が繋がっている廊下や階...